「北鎌フランス語講座 - ことわざ編」では、フランス語の諺の文法や単語の意味、歴史的由来などを詳しく解説します。

Breughel1

ブリューゲルの版画

Qui bête va à Rome, tel en retourne. (馬鹿はローマに行って戻ってきても、やっぱり馬鹿だ)という諺に見られる、「ロバは馬にはなれない」というモチーフは、次の1557年のブリューゲルの版画にも使われています。
フランス国立教育博物館の MNEMOSYNE で閲覧可能)。

ロバは馬にはなれない

騒ぎ放題の子供を描いたこの版画の下部に、それぞれラテン語と古いオランダ語で次のように書かれています(同博物館の解題のフランス語訳から逐語訳してみます)。

  • 誰かが馬鹿なロバを学校にやっても、ここでもあそこでもロバならば、ロバは馬になることはない。
  • ロバは勉強しに学校に行っても、ロバであるなら、馬になって帰ってくることはない。

平たく言えば、馬鹿は学校に行っても利口にはならない、というわけです。


ページトップへ
戻る















aujourd'hui : 2 visiteur(s)  hier : 0 visiteur(s)











本サイトは、北鎌フランス語講座 - 文法編の姉妹サイトです。あわせてご活用ください。



powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional